スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2010年09月17日

エース達の戦場

はい、8月の終わりにはもう一つニュースがありましたよ、奥さん!

そう、エースコンバットX2 ジョインアサルト

の発売という事で、かなりwktkしてヤ○ダ電機に買いに行った訳ですがw


まぁ、まだ買っていない方もいらっしゃるのでストーリー面で深くは言わないものの...

「内容が薄い」「H.A.W.X.のパクリ?」「ヒーロー的エースではない」

という3拍子を投げかけてしまった。

いや、実世界をモチーフにすると色々大人の事情で中途半端な位置(軍やら自衛隊だと問題があるので民間軍事会社という中立位置)に主人公を置かなければいけないと言うのは想像つくけど、だったらエースコンバットなんだから架空の世界でせめて国の一員としてコンセプト組んだ方が良いだろうと思う訳で。

正直言うと、今作は自身がプレイしてきた全作の中で"初めて"ワースト1になった作品となってしまった...

制約の上に制約を重ねて、しかも巨大航空機に空戦の規模の殆どを取られてしまったのはかなりのマイナスだと思う。
まぁ、古参の一プレイヤーから言わせてみたらこうなんだろうと思うだけなのですが。

エスコン04のソラノカケラや、ZEROの円卓のように大規模かつ純粋な空戦がひとステージあれば良かったのに...

しかしそんな中でも、機体の兵装選択の自由が利くようになった事と、昔懐かしき歴代エンブレムが自由に組み合わせられるという嬉しいファン特典も。
今は5のラーズグリーズと04のメビウス中隊を混成して使用しておりますw


ストーリー的には文句を言いたくなったけど、やはりエースコンバットですのでそれなりにやり込めるのが嬉しいですなぁ。

初心者の方は今作以外もプレイ(特に04,5は神ゲーとして名高い)してみるべし!!


と言う訳で、複雑な気持ちを抱きながらプレイしてる今ですが、次回作に期待したい所でありますね!
何でも、次回作は待望のPS3でリリース予定(箱○とのマルチだそうですが...)と言う事なので、期待しながら(しかしトレーラーを見る限りでは、あのコマンドアクション的なのはいらない...)で待ってますよ、バンナムさん。  


Posted by Schnee4  at 03:23Comments(0)戦闘機

2009年12月28日

メイヴとファーンとカリバーン

最近「戦闘妖精・雪風」を見てビビッと思った事が...

戦闘妖精・雪風の「FFR-31MR/Dスーパーシルフ・雪風(深井零搭乗機)」




エースコンバットXの「XFA-24Aアパリス」



同じく雪風の「FRX-00メイヴ・雪風(深井零搭乗機)」もしくは「FA-1ファーン」





エスコンXの「XR-45カリバーン」


どの組み合わせも似てね?(笑

時期的にはエスコンXの方が遅い...のかな? なんとなく意識して作ったんだと思ってしまうw
それにしても後者のメイヴ・ファーン×カリバーンは本気で疑いを持ちざるを得ない(^_^;

まぁ、どちらも戦闘機作品としての味(特に雪風はエースコンバットをも凌ぐ凄さ)が出ているのであまり文句を言うつもりは無いんだけどw

雪風を観ての感想:OVAの雪風は鳥肌が立つぐらいのCGワークと作画で、メカニカルな物(戦闘機のコンピューターのシステム音やら可動部変形時の音、更にはエンジン音やソニックブーム等)のクォリティが凄く高い。思わず食い入って観てしまう主人公を取り巻くドラマ性と戦闘シーンは、SFなんだけども現実味を存分に帯びていてワクワクする。
最高の戦闘機SF小説だ...

はい、夜中3時前にこんなどうでもいい事を書いているシュネー4でしたw  


Posted by Schnee4  at 02:59Comments(2)戦闘機