2009年08月24日

お疲れ様、次こそは。

昨日帰ってきて即死にました...9時にサーキットを出て、12時を回って帰って来たんですよ。

で、昨日は色々な事があった。

GT500優勝は、幸先の良い予選から見事に優勝、#35 KRAFT SC430

GT300優勝は、ベストオーバーテイク賞の名に恥じぬ、ラスト1周で先頭に立った#46 S Road MOLA Z

この優勝争いで特に凄かったのは、300クラスのラスト2周。 それまで圧倒的な速さでトップに立った紫電。このまま優勝かと思われたが、ペースの落ちた紫電に襲いかかる赤と濃紺のマシンの影。ARTA GaraiyaとZである。
その2台が闇に包まれた鈴鹿で交錯し、鈴鹿の歴史に残る大勝負を繰り広げた。カシオトライアングルでZがGT500に引っかかった紫電を捉え、一気にオーバーテイク。さらにそこへガライヤがたたみ掛け、紫電は彼らの圧倒的な速さに負け3位に終わった。

そして我らがミクZ4は、またしても鈴鹿の悪魔に襲われリタイア。
デグナーカーブ手前で、田ヶ原選手の駆るZ4のアクセルペダルに異常が。どうやら、スロットルを司るワイヤーが寸断されてしまったらしい。
アクセルペダルを踏んでもワイヤーが切れていてスロットルを引っ張れないので、加速出来ずにデグナー脇へ停車...
あっけないほどに突然散っていったミクZ4。デグナーへ足を運び、ミクZ4を発見した瞬間、俺は夕日に染まる鈴鹿に崩れ落ちた。 コースへノーズを向けて止まっているミクを見て、ただただ涙が止まらなかった。

重い足を引きずり、パドックのミクZ4のピット裏へ。 そこには、きよさんが居た。

「お疲れ様です、残念でしたね...」

こんなセリフをきよさんにかけたのだが、「お疲れ」で涙が滲み、「でしたね」で嗚咽が出た。
自分で言うのもなんだけど、俺は人一倍信念を懸けた事に感情移入するんだよね。悪い意味では無いのだけど、感動したり、あらゆる事に感情が滲み出す「涙脆い」奴なんだよ...

言葉にならないような声できよさんに残念だったと伝えた。涙が止まらなかった。

「次の富士で完走するぞ!」

きよさんの言葉が胸に沁みた。ミクZ4のホームコースの富士もだけど、デビュー地である鈴鹿も完走してほしいと切に願った。
きよさんに抱きしめられ、次への期待をさらに高めた。

そこに、悔しかっただろう、自らの手でミクZ4のエンジンを止めた田ヶ原さんが通りかかった。

「本当にすいません、本当に...」

そう言いながら田ヶ原さんは悔しさを滲ませていた。
依然涙が止まらない自分は無性に田ヶ原さんに抱きついた。 悔しさなのか、悲しさなのか、次への期待なのか、はたまたそっち系の道に目覚めたのか、自分でも無意識であったのだ。

その時のきよさんと田ヶ原さん、自分の中のヒーロー2人は一生忘れる事は無い。

それから涙もやがて治まり、周りを見渡せばミクZ4の個人スポンサー、同志達が集っていた。
みんなGT好きでオタク。俺と皆、皆と皆がおんなじ匂いだからこそ、その場の雰囲気が一斉にミクな空間になった。
あの夕闇は、鈴鹿の伝説の数十分間になったであろう。ミクの写真、ミクのステッカー、ねんどろいどミクなど、一人ひとりがその場に酔いしれていた。 あの風景を思い出すだけで目頭が熱くなってくる。

そして俺の一言。

「目線お願いしま~す!!」

よくレースクィーンを撮るカメラマンが言う言葉だ。勿論、全員知っている。
あの時の写真は、言葉では表せないほどの感動が籠った写真だ。

シャッターを切った後、きよさんが、

「じゃあ俺も撮りましょうか?」

そう言ってカメラを構えた。 あの写真は、あの場のあのメンバーにしか真価が分からないほど貴重な物だろう。
今度は、感動で涙が出てくる。俺って、どうしようもない奴だなと改めて感じた瞬間であった...

きよさん、そしてあの場に集った同志達よ。俺は、一生あの日を、あの光景を、あの感動を忘れぬぞ!!

そしてミクZ4、Team Studie GLAD R@cingに幸あれ!!






同じカテゴリー(クルマ・SUPER GT)の記事画像
跳ね馬の災難
CBA-GVB IMPREZA WRX STI
スバリスト
SUZUKA!
地元の奇跡
Thank you so much!!
同じカテゴリー(クルマ・SUPER GT)の記事
 萌フェス (2011-07-11 23:16)
 IMPREZA IN GT5 (2010-11-13 02:08)
 TOMEI POWERED×CUSCO IMPREZA (2010-09-29 21:34)
 夏の出来事 (2010-09-08 23:19)
 跳ね馬の災難 (2010-07-22 20:54)
 STGTとGSR×COX (2010-07-13 20:52)

Posted by Schnee4  at 20:27 │Comments(3)クルマ・SUPER GT

この記事へのコメント
おじゃましま~~すww
Schnee4さんの涙で自分もウルっときてたんですが、、いちスタッフがここで涙見せちゃイカンと思い笑顔で居続けました。。

悔しかったけど、まだこれからが正念場です。
レース観戦も楽しいけど、現地で個スポの皆様と色んな会話できる楽しみがありますからね~、また機会ありましたらお話しましょ!
Posted by きよ at 2009年08月26日 17:48
おおっ、きよさんどうも!!

あの場で一緒に涙を流せばそれはそれで絵になっていたでしょうね(^_^;

次の富士、そして残るシーズン後半戦。鈴鹿の雪辱を背負って、それを一気にぶちまけてやりましょう!!
来年の鈴鹿は一緒に嬉し涙が流せるよう、頑張ってください! 応援してます!

個人スポンサーの方々も、そうでないミクZ4ファンの方々も、ミクの雄姿を見届けています^^
またお会いする事が多々あるでしょう。その時も、また宜しくお願いします(^o^)/
Posted by Schnee4 at 2009年08月26日 22:58
きよさんだァ!!!∑( ̄口 ̄)

次の富士はいけないながらにschnee4と応援しようと思ってます(`・ω・´)
頑張ってくださいね!


schnee4さん

どうやら帰りの渋滞はタンクローリーが横転・爆炎上したそうです…

次の鈴鹿はだいぶ先ですが、すでにワクワクが止まらないですw

そしてピット裏での出来事。

あのとき撮った写真は宝物ですよね♪

しかし一人だけ日産帽子をかぶってた僕は異端中の異端orz

あの中の仲間の一人としていられることがとても誇らしかったです…

そして100名限定眼鏡ふきをあなたと1・2でゲットしたのもなにか誇らしかったですww
Posted by 霊光 at 2009年08月26日 22:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。